印鑑 高知 橋本日進堂印房 職人の自己紹介

印鑑、実印の通信販売/はんこやさん橋本日進堂印房ネット店(高知市) 職人の自己紹介(ちょっと自慢とうんちく)

 「職業ははんこやです。」と自己紹介すると「今でも人が手で作ってるんですか?」とか、
 「どこで製造してもらうんですか?」って聞かれたり、反対に(?)「はんこ屋さんって大変ですね、生年月日で占ったり、姓名判断の勉強もしないと資格がもらえないんでしょう?」って言われたりします。
 「お、友達がちょうどはんこ職人してるよ」って方はあんまり居ないと思いますんで、ちょっと自己紹介みたいな事を書いてみました。




一級技能士
  労働大臣認定の検定試験によって認定されます。
  受験には印鑑彫刻に15年以上のキャリアが必要です。
  検定試験は会社印(外枠に株式会社○○○○、内枠に代表取締役印)の彫刻、署名判(小切手なんかに使う毛筆書きのはんこ)の版下を作る課題です。
  (もちろん、すべて手作業です。)


一級技能士の看板←うれしがりのカンバン  合格証書←労働大臣からもらった合格証書



 某開運印鑑通信販売会社の広告で「○○県一級技能士第一号です。」と言ってる方が居ますが、私も高知県一級技能士第一号なんですよ♪ ←これが証拠です(笑)

なお・・・『技能士』って『彫刻する技術を持ってる』って資格なんで『占い』とかは関係有りません。(笑)



高知県知事表彰
   ↑の『一級技能士検定試験』で特に優秀な技能であると認められた職人さんだけがもらえる賞です。
知事表彰

 高知県知事から「優秀技能知事表彰」をいただきました。
  高知の印章店でこの表彰を受けているのは、当店(ワタシ)だけです。
   エッヘン! v(^^)v




職業訓練指導員免許

  プロのハンコ屋さんになってもらえるよう指導できる先生の免許
   ハンコ屋さんという職業は『免許制度』ではないので『今日からハンコ屋です!』って言えばだれでもハンコ屋になれます(笑)
  とは言ってもそこそこの技術は習わなければちょっと難しいんじゃあないかなと思います。
  わたしんちに弟子入り(笑)して働くと職業訓練校に通ったりするのと同等の経験値になり、○級技能士を取得したいときに受験資格の『○年の経験がある者』とかが適用されたりします。


と言っても実際には
『ものづくり名人派遣事業』ではんこ先生をする時にちょっぴり役立ったりしているくらいでしょうかね。

 高知の印章店でこの資格を持っているのは、当店(ワタシ)だけです。
  エッヘン! v(^^)v




厚生労働省認定「ものづくりマイスター」

  ↑の職業訓練指導員免許と似てます(どう違うんですかね・・・
  訓練指導員は職業としてはんこやさん(の技術者)を養成するための資格ですが、こちらは業界で技術向上のための研修をする場合の講師とか、学校へ行って児童や生徒に職業(職人さん)の紹介や実演をして『若年技術者の育成事業』を行うということ(らしい)です。


と言っても今までも『ものづくり名人派遣事業』ではんこ先生活動をして来たことですからもうちょっと幅広い対象で指導ができるよってことですかね。

  エッヘン! v(^^)v




創業120余年
  当店は明治24年(1891年)に初代橋本庄太朗が創業し、二台目橋本岩次(私の祖父)、三代目橋本健(たけし)と継いで参りました。
  当初の店舗はははりまや橋のちょっと東、高知市九反田(『かるぽーと』って建物があるあたり)にありました。

その後近くの菜園場に移転、太平洋戦争の高知大空襲を受けて現在の桜井町(旧町名:北新町)に移転、現在に至ります。


 『中国4000年の歴史!!』って聞けば「今の人間が4000年前から生きてるわけじゃああるまいし!」とか(^^;

高校野球とかで『伝統の名門○○高校!!』とかって言われれば「選手の高校生はみんな入れ替わってるジャン!」とか言うワタシですから【創業○○年!】っていうのもナニ(爆)ですが、たぶん高知で一番古いハンコ屋だと思います。
(なんとか生き残ってるだけジャンと言われればそれまでですが(^^;;






印房(いんぼう)という屋号
 印鑑を販売だけでなく製造から全てしているお店は屋号に印房と付きます。
        (房は制作をする作業部屋の意味です。『工房』って言いますよね)
  はんこやさんっていうとお店に『職人さん』が居て、はんこを作ってるって思います?
  実は販売だけをして、製造は外注しているお店も結構あるんですよ。
  そんな『はんこやさん』は屋号に印判店とか印章店と付きます。
  もっとも、最近ではこの区別もはっきりしなくなってきてますし、「はんの○○」とか「IN-SHOP○○」とかと言う屋号もありますので「かつてはそうだった」位に思ってもらった方が良いかもしれません。

←当店はずっと『印房』です。






印鑑という名称
  印鑑の『鑑』とは鏡の意味で、捺印して朱肉が写ったものを指します。
 ですから『はんこ本体』は印章と言うのが正式ですが、一般に『はんこ本体』を印鑑と言うので、いちいち「これは印章印鑑じゃないですよ」なんて訂正はしませんし(^^;; 、このサイトでもそう呼んでいます。
←ホントはこれが印鑑    ←で、こちらは印章






営業内容
  当たり前です(と自分では思ってます)が、実印や銀行印、ゴム印を製造して、販売するのがお仕事です。
  名刺や葉書の印刷、表札も扱っているはんこ屋もあります。
    当店も出来ますのでヨロシクお願いします。m(_ _)m

  時々、「スタンプインキありますか?」とか「朱肉ありますか?」と聞かれる事が有ります。
  はんこ屋って印鑑を作るだけが仕事で、朱肉とかは文房具やさんで買わなければならない様に、思われてるかもしれません。
  シャチハタ印、スタンプ台、朱肉、捺印マットなどの用品も有りますのでどうぞご来店、お問い合わせ下さい。




【TOPページへ戻る】


★お問い合わせはこちらからどうぞ。
Copyright(c)1998 Hashimoto-Nissindou all rights reserved.
 http://nissindou.com/